post by admin |

電気工事施工管理は有利な資格

資格がなくてももちろん仕事はできます。

でも建設業において資格を取得しているかどうかということは、とても重要なことで、特に公共工事をおこなう企業にとっては、施工管理資格があるかどうかということがとても重要なことです。

電気工事についても同じことで、やはりどの企業も、電気工事施工管理を持っていればとても有利になります。

電気工事施工管理は、建設工事における電気工事「請け負い側」として、円滑で安全な施工と完成品質の水準をしっかり確保するために設けられた資格です。

昭和62年からある試験で、今も多くの方が電気工事施工管理の受験を受け、資格取得に励んでいます。

国土交通省が定める国家試験である電気工事施工管理は、施工日程、工事の計画をおこなったり施工図を作成したり、もっとも重要なのが品質、安全をしっかり心がけて計画し工事の工程を管理できる方に与えられる資格です。

そのため、電気工事について知識があるということにプラスし、経験に基づく技術が必要な資格です。

経験がなければ受験資格は得られません。

建設工事の電気工事について深い知識と経験に基づく施工ができるという力を持っていないと合格はできません。

この資格を取得することで、企業において監理技術者や専任技術者として働くことができるため、建設系企業に就職する際にとても有利な資格となります。

勤務地や年収などを電気工事施工管理技士のデータベースでチェックすると参考になります。